スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
歯のぐらつき

Q.
歯根部が露出して歯がぐらぐらしているのですが、
抜かずに治せるのでしょうか?

A.
ぐらぐらするほどに進行してしまうと
抜かずに治すのは難しいです。



↑最近、読んだ本でこんなやり取りの記事がありました。

大体、歯のぐらつきの原因は歯周病がほとんどで、
歯がぐらぐらしているというのは、
かなり進んだ歯周病の典型的な症状のようです。

こういう歯では、ちょっとした刺激で歯肉から出血したり、
歯肉を指先で押すと膿が出たり、硬いものも痛くて噛めないでしょう。

歯を支えている顎の骨も炎症のためににひどく壊されていることが
あるそうですね。
こうなってしまうと、残念ながら手遅れで、
歯を抜いて、入れ歯を作るのが大半だそうです。

歯について、日頃からのブラッシングが予防するという意味でも
重要なことですね。
続きを読む
スポンサーサイト

【2006/07/31 01:44】 | 口の中のお悩みQ&A | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本当に虫歯は他人から感染しない?
「虫歯は感染するのでは?」という疑問を持っている方が、
ごくたまにいるようですが、結論からいって虫歯は感染しません。
 なぜかというと、虫歯の原因は感染によって起こるものではないからです。

 とはいえ、中には「一本の歯が虫歯にかかったら次々にほかの
歯も虫歯になってしまった」という経験をお持ちの方も
いるんじゃないでしょうか?

 これは虫歯菌が感染したからというより、歯と歯の間についたプラーク
(歯垢)がきれいに落ちきらない、あるいはプラークがつきやすい歯を
持っているため、どの歯も虫歯になりやすい条件化にあったのが
原因といえます。

 虫歯はもともと口の中にいる常在細菌のひとつです。
言い換えれば、誰の口の中にも存在している菌です。ある条件が
揃ったときに、この常在細菌が動き出し菌を溶かしてしまうのが
虫歯ですから、「感染によって虫歯が広がる」のではなく、
「その人自身がなりやすい条件を作り出している」ため、
虫歯にかかるのだといえるわけです。

【2006/07/10 01:42】 | 口の中のお悩みQ&A | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
歯の病気では死なない?
歯の病気では死なないと言いますが、実際どうなんでしょう?

歯に関する本をいくつか読んでみたんですが、
虫歯や歯周病が直接の引き金となって命を落とすことは
ないようですね。

 でも、ごくまれにですが、歯は神経や大きな血管と
つながっているので、一度に何本も抜歯をしたために
命を落とすこともあるそうです。

 また、虫歯が悪化して歯髄炎にまで至り、
アゴの骨に膿がたまることで腎炎のような病気を
引き起こすケースもあるとか。

 こんな話を聞くと、思わず歯を磨くことに
対して今まで以上に意識しちゃいます。
続きを読む
【2006/07/09 02:58】 | 口の中のお悩みQ&A | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。