スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
虫歯の治療
治療

右下の第二大臼歯の治療後。
詰め物がされている。う蝕により失われた歯の構造は再生しない。しかしながら、治療によりう蝕の進行を止め、歯を保存し、合併症を防ぐことができる。治療はまず、う蝕部位の歯質を切削し、その後歯科修復材料で形態を修復する。使用する歯科修復材料はう蝕の部位や患者の希望等によりコンポジットレジンや充填用セメント、インレー、アマルガムなどから決める。アマルガムは水銀の使用に対する問題により、日本では使用が減ってきているが、安価で機械的強さがあることから一般的に使われている国もある。ポーセレンやコンポジットレジンは天然歯と外観が似ているため、前歯に用いられることが多い。奥歯は咬合圧が強い等の理由により、インレーやアマルガムが使われることが多い。う蝕が広範囲の場合、クラウンにすることが多い。これはう蝕部位を切削した後、残った歯に上からかぶせる物で、金、ポーセレン、陶材焼付合金等が使われる。

歯髄の中の神経が炎症を起こしていたり腐敗した場合や、外傷を負っていた場合、歯髄は抜髄される。歯髄を取り去った後の根管は埋められ、必要であればクラウンが作られる。

なお、後にレントゲン撮影を行った場合に、どのような治療を行い、どこまで歯科材料が入っているのかを容易に判断できるよう、口腔内に用いる歯科材料は、通常、X線不透過性の材料が用いられる。

重度のう蝕では保存することが不可能であり抜歯適応となっている。

3MIX法や3Mix-MP療法等の新しい治療法も考案されてきてはいる。

スポンサーサイト

【2006/06/24 09:29】 | 歯磨き | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
虫歯の症状
虫歯の症状

 う蝕がエナメル質に限局している間、一般にう蝕は無痛であり、象牙質に達することにより、象牙細管の露出をみて初めて歯痛を覚えることが多い。このときの痛みは象牙細管内の痛覚神経終末に対する直接刺激や、象牙細管内の組織液圧力変化による歯髄痛覚神経終末に対する刺激が起こることによるものと考えられている。

う蝕が歯髄まで到達するまでの過程においては歯髄炎を併発することによる激しい自発痛が発生する場合がある。

更に、歯冠崩壊によりう蝕が歯髄まで到達すると髄腔内圧が下がるため、一過性に自発痛は消退する。

歯髄腔が感染した状態を放置し続けると、歯質の崩壊は著しくなり、根尖まで細菌感染が至る結果となり、歯根膜炎を引き起こすことによる拍動感を伴った鈍痛が生じることがある。この時、根尖周囲に歯根嚢胞や歯根肉芽腫が生じることがあり、感染の程度によっては歯瘻が出来ることもある。

やがて歯質の崩壊が進み、残根状態になると、人体の異物排除機転により自然脱落に至る。
続きを読む
【2006/06/24 09:29】 | 歯磨き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
乳歯の歯磨き
乳歯の歯磨き

 多くの子供は歯磨きが苦手で、保護者が補助して磨くようにする。離乳食が始まると乳歯が出現するので保護者が専用のブラシを用いて口中を清潔にする。

 幼児期になれば自分で歯ブラシを使わせて歯磨きの習慣に親しませ、仕上げを保護者が行う。

 「歯を磨かないとバイキンが出るぞ。」と言っても子供がいう事を聞かず、しばらくして虫歯になってしまう、という話は漫画などで目にする。

 幼児期の虫歯が抱える問題は、歯が虫歯で痛むことから食事などで咀嚼することを幼児が嫌がるようになり、顎(あご)の成育に悪影響を生じる点にある。

 成育を阻害された顎に大人サイズの永久歯が成長すると、「出っ歯」、「乱杭 歯」など歯並びと顔立のバランスを崩す結果となる。


テーマ:歯の治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2006/06/24 09:10】 | 歯磨き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
歯磨き
歯磨き
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

歯磨き(はみがき)は、歯を磨き、歯垢などの汚れを落とす事。歯磨きのブラッシングとも呼ばれる。また、それに使う練り歯磨き剤などを略して「歯磨き」ともいう。練り歯磨き剤などは「歯磨き粉」とも言う。チューブタイプの練り歯磨き以前の製品はパウダー状であり「粉」という呼称はその頃の名残である。

歯磨き

 歯ブラシのブラシ繊維に歯磨き剤を付けて歯を磨き、歯垢を除去するが、歯磨き粉を使うことで発泡剤や香料で、歯磨きが実際に不充分でもなんとなくキレイになった気分になり、問題がある。このことから、水だけで丁寧に歯を磨くことを指導する医師もいる。

 歯の歯間や奥歯は磨き残しが多く歯垢が残りがちなので、それに対応するフロス(糸ようじ)やワンタフト(毛束が1つ)のブラシなどの製品も市販されている。

 歯を磨き終ったあとは水でうがいをし、何度も充分に口中をすすぎ、汚れや添加成分が口の中に残らないようにする。


【2006/06/24 09:04】 | 歯磨き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。