スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
歯の構成について
構成
エナメル質
歯冠表面を覆うきわめて硬い物質
約96%がヒドロキシアパタイトを主成分とする無機質、残りの4%が水と有機物
象牙質
歯の主体をなす硬組織
約70%がヒドロキシアパタイトを主成分とする無機質、20%が有機物、10%が水からできている
セメント質
歯根全面を覆う硬組織
約60%がヒドロキシアパタイトを主成分とする無機質、25%が有機物、15%が水からできている
歯髄腔
歯の中央部に存在する歯の外形とほぼ一致している空洞
歯髄に満たされており、神経や血管が存在する
また、歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質を歯周組織という。
スポンサーサイト

【2006/06/24 08:06】 | 歯について | トラックバック(3) | コメント(0) | page top↑
<<歯の成長について | ホーム | 歯について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fudousan104.blog71.fc2.com/tb.php/3-1a65fe76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ヒドロキシアパタイト燐灰石(りんかいせき、apatite)はリン酸塩鉱物の一種。アパタイトとも呼ばれる。天然では火成岩・堆積岩・変成岩の各岩石の副成分をなしており、非常に広く産出される鉱物であるが、経済的に重要なものはリン鉱石の主成分をなすもので、''Phosphate r 健康な歯をめざして【2007/07/26 11:29】
歯冠 歯冠(しかん)とは、歯の一部分で、口腔内で実際に歯肉から萌出している部分(臨床的歯冠)の事と歯の形態的な歯冠(解剖学的歯冠)の二種類がある。加齢による生理的変化や誤ったブラッシング、歯周疾患等のために歯肉が退縮あるいは増殖することにより両者が一致し 健康な歯をめざして【2007/07/26 12:34】
歯髄腔歯髄(しずい)は、歯の内部(歯髄腔)において存在する組織のことである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL 健康な歯をめざして【2007/07/26 12:41】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。