スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
歯の種類について
種類

乳歯
人間の子供の頃にある歯は合わせて20本であり乳歯(脱落歯、第一生歯)と呼ぶ。 前方から順に乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯、第一乳臼歯、第二乳臼歯と呼ばれる。 乳歯は生後6~8ヶ月ごろより多くの場合は下顎の前歯から生えてくる。3歳頃には全て生えそろう事が多い。乳歯は永久歯と比べてエナメル質と象牙質の厚みが薄く柔らかい。全体的に歯は小さく、青白や乳白色を示す。石灰化度が低いため、う蝕になりやすい。

上顎
上顎乳中切歯
上顎乳側切歯
上顎乳犬歯
上顎第一乳臼歯
上顎第二乳臼歯
下顎
下顎乳中切歯
下顎乳側切歯
下顎乳犬歯
下顎第一乳臼歯
下顎第二乳臼歯
永久歯
6歳頃から永久歯が生え始める。人間の永久歯は大きく切歯、犬歯、小臼歯、大臼歯の4種類に分ける事が出来る。現代人の歯は上下合わせて28本。親知らずを含めると32本である。 切歯は中切歯、側切歯の2種類上下計8本ある。犬歯は上下計4本。臼歯は計20本存在し、小臼歯(第1小臼歯、第2小臼歯)と大臼歯(第1大臼歯、第2大臼歯、第3大臼歯)に分けられる。乳歯の脱落後に生えてくる、中切歯~第二小臼歯までを代生歯、第二生歯とよび、乳歯の存在しない大臼歯を加生歯と呼ぶ。 まず、第1大臼歯(6歳臼歯とも呼ばれる)から生え始め、その後徐々に生え替わっていく。大体13歳頃には前歯から第2大臼歯までの28本が生えそろっている。 第3大臼歯は生えてくるのが遅く、また、生えてこない事もあり「親知らず」(知歯/智歯)ともよばれる。

上顎
上顎中切歯
上顎側切歯
上顎犬歯
上顎第一小臼歯
上顎第二小臼歯
上顎第一大臼歯
上顎第二大臼歯
上顎第三大臼歯
下顎
下顎中切歯
下顎側切歯
下顎犬歯
下顎第一小臼歯
下顎第二小臼歯
下顎第一大臼歯
下顎第二大臼歯
下顎第三大臼歯
永久歯はきちんとケアをすれば死ぬまで使うことができる。また、高齢者への調査で、歯が多く存続しているほど活動的である事がわかっている。

歯の異常
歯の異常としては以下の物が知られる。

エナメル質形成不全症
象牙質形成不全症
高石灰化
低石灰化
Deossification - Loss of bone tissue
シャベル型切歯
盲孔
歯内歯
エナメル結節
介在結節
カラベリー結節
臼房結節
臼後結節
中心結節
プロトスタイリッド
外歯瘻/内歯瘻
Dens Envaginus
過剰根
台状根
樋状根
根管分岐
歯根弯曲
癒着歯
癒合歯
双生歯
歯数の異常
過剰歯
欠損歯
歯の大きさの異常
巨大歯
矮小歯

スポンサーサイト

【2006/06/24 08:07】 | 歯について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<人工歯根(じんこうしこん)とは | ホーム | 歯の成長について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fudousan104.blog71.fc2.com/tb.php/5-1a090283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。