スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
人工歯根の課題
人工歯根の課題

 現在でも骨組織の再生はある程度できるが、天然歯の歯根の周りにある歯根膜を再生することができない。歯根膜は噛む力の感知の役割を果たす感覚器でもあり、歯根膜のない人工歯根は、咬合機能圧に対する挙動が本来の歯のものとは異なっている。そのため、適用範囲がある程度限られたり、天然歯とインプラントを長期に並存させようとする場合に不具合が生じることがあり、歯周組織の再生が待ち望まれている。

 ローマ時代の鉄製インプラントに比べれば、現在のチタン製インプラントは生体適合性も強く格段に優れているといえる。しかし、治療法として人工材料を埋め込むという基本的な手法は同じであり、天然歯の機能を完全に代替することはできない。将来は再生医療の進歩により歯根の再生が可能になるといわれている。

 インプラント治療は現在の日本においては健康保険の適用外であり、多額の医療費が患者負担となるが、医療機関によっては、高度先進医療制度の対象となることもある。
スポンサーサイト

【2006/06/24 08:22】 | インプラントとは | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
<<歯磨き | ホーム | 人工歯根の歴史>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/07/20 18:35】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fudousan104.blog71.fc2.com/tb.php/9-7472dd6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
歯根膜歯根膜(しこんまく)とは、歯槽骨に歯を植立する懸架組織であり、その主な構成要素はコラーゲンの太い束からなる歯根膜線維である。歯根膜線維は、タイプIII型コラーゲンを少量に含むタイプI型コラーゲンを主成分とする。弾性繊維はないとされている。尚、歯槽壁に接 健康な歯をめざして【2007/07/26 13:31】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。